「辞書アプリの年別ダウンロード実績推移」に関する調査結果を発表

2018.09.07

「辞書アプリの年別ダウンロード実績推移」に関する調査結果を発表

2018年9月7日

 一般社団法人 日本電子出版協会(会長:金原 俊[株式会社 医学書院 代表取締役社長]、所在地:東京都千代田区神田三崎町、ホームページ:http://www.jepa.or.jp、略称:JEPA)は、同協会のレファレンス委員会が実施したアンケート調査の結果を発表した。

 「辞書アプリの年別ダウンロード実績推移」は、デジタル辞書ビジネスの一翼を担う、主にスマートホンユーザーをターゲットとした"辞書アプリ"のダウンロード実数について、iPhoneが登場した2008年にさかのぼって調査したものである。

 今回、調査に協力頂いた企業は次の通り。イースト株式会社、HMDT株式会社、株式会社計測技研、株式会社小学館、ビッグローブ株式会社、株式会社富士通パーソナルズ、株式会社VOYAGE GROUP、株式会社物書堂、ロゴヴィスタ株式会社 (五十音順、敬称略)。

 JEPAレファレンス委員会では次年度以降も本調査を継続していく予定である。

 

「辞書アプリの年別ダウンロード実績推移」の調査結果は

http://www.jepa.or.jp/document/20180907-2/

このプレスリリースについてのお問い合わせは、JEPA事務局までお願いします。