電子出版アワード2018(第12回) ジャンル賞決定、大賞はオトバンク!

2018.12.21


一般社団法人 日本電子出版協会(会長:金原 俊、医学書院 代表取締役社長)、所在地:東京都千代田区神田三崎町、ホームページ:http://www.jepa.or.jp、略称:JEPA)では、日本の電子出版物の育成と普及を目的とした「JEPA電子出版アワード」の大賞選考会とジャンル賞表彰式を本日、日本教育会館で行いました。 
この賞は、2007年、日本の電子出版の普及と技術の向上を目的として開始され、今年で12年目となります。電子出版関連メディアの方々に選考委員をお願いし、「ジャンルの選定」と「エントリ―作品の選考」を担当していただきました。 今年は、各ジャンル賞が11月26日からの一般および会員社のネット投票でジャンル賞5作品が選ばれ、本日、会員社および選考委員による投票で大賞1作品が選出されました。

 各ジャンル賞と大賞は以下の通り、決定しました。
■デジタル・インフラ賞   NetGalley (出版デジタル機構)
■スーパー・コンテンツ賞  HON.jp News Blog (日本独立作家同盟)
■エクセレント・サービス賞  audiobook.jp (オトバンク) 【大賞】
■チャレンジ・マインド賞   アスパラ ブックス (イースト/インプレスR&D/マイクロコンテンツ)
■エキサイティング・ツール賞  Adobe Creative Cloud (アドビ システムズ)

2007年から2017年の受賞作は、https://ja.wikipedia.org/wiki/JEPAaward

このプレスリリースについてのお問い合わせは、JEPA事務局までお願いします。