2018年1月24日ブロックチェーンは出版ビジネスに何をもたらすか

2017.12.04

概要
出版業界に、インターネット以来の新たな変革の波が「ブロックチェーン」によって押し寄せようとしています。
ブロックチェーンは、金融から著作権管理、決済まで、ビジネスのあらゆる局面での安全な取引を実現する強固な信用基盤。銀行やクレジットカード会社を通さない決済、問屋の保証なしでの安全な取引などを実現する究極の直取引技術であるとともに、巨額のサーバー投資なしにプラットフォームを構築できるため、プラットフォーマー支配からの脱却ツールともいわれています。
出版エコシステム全体の変革をもくろむ「Publica」、300億円以上の資金調達に成功したメディアプラットフォーム「Steemit」、Google への対抗という大胆な目標を掲げる広告プラットフォーム「BitClave」など、できるだけ多くの事例を紹介しつつブロックチェーンのエコシステムの特徴を紹介。
「出版業界にブロックチェーンが何をもたらすか」について考えてみたいと思います。

申し込み http://kokucheese.com/event/index/498324/

講師
堀 鉄彦氏
ホリプランニング代表/ジャーナリスト/コンサルタント
日経BP社を経て、2015年、メディアビジネスのジャーナリスト/コンサルタントとして独立。メディア企業のアドバイザーとして活動中。「文化通信」での連載ほか、複数の出版・コンテンツ関連メディアに執筆多数。
電子書籍を考える出版社の会 フェロー、電子出版制作・流通協議会 電子出版ビジネスモデル研究会 委員、出版・著作権等管理販売研究会 顧問

日時:2018年1月24日(水) 15:00-17:30(14:30受付開始)
料金:JEPA会員社:無料、非会員社:3000円
会場:麹町/紀尾井町:株式会社パピレス 4階セミナールーム
主催:日本電子出版協会(JEPA)