2020年9月25日 JEPA・eBP共催Webセミナー 村瀬拓男弁護士「著作権入門セミナー2」

2020.09.10

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、今年度は従来通りの新人教育ができていないという声が聞こえます。また、新型コロナウイルスへの対応に追われるなか、めまぐるしく変化する出版・電子出版を取り巻く法律環境についていけなくなっているのではないかと不安を覚える、ベテラン社員や担当責任者、経営者のみなさんもおられるのではないでしょうか。

 そこで毎年、出版・電子出版に携わる業界人のみなさんから、たいへん好評をいただいております「著作権入門セミナー」について、従来の内容を見直し、新人教育にも役立つものにしたいと考えました。

 今年は、9月18日(金)、9月25日(金)の2回にわたって、入門編をWebセミナーという形で開催します。みなさんに直接お会いすることはできませんが、画面越しに一対一で向き合うことになるので、いつもより身近に感じていただくことができるかもしれません。

 また、10月7日(水)には著作権をめぐる新しい動向について、やはりWebセミナーを予定しています。

 講師は、今年も出版実務の経験豊富な村瀬拓男弁護士にお願いしました。

申し込みは https://kokucheese.com/event/index/601672/

概要:
●第2回 「権利制限規定」
著作権法概説の後半です。主に「権利制限規定」についての解説を行います。権利制限規定については、平成30年に、電子的利用の分野において、いわゆるフェアユース的な規定が新設されました。平成21年以降の改正は、そのほとんどが、著作物の電子的な利用に伴う「権利制限」の緩和を目的として行われてきましたが、その集大成が平成30年改正です。ここに示された「権利制限」についての考え方を読み解きながら、改めて「権利制限規定」の全体について解説していきます。

講師:村瀬拓男弁護士(用賀法律事務所)

◇開催概要
日時:2020年9月25日(金)16:00~17:00
料金:どなたも無料
会場:オンライン Zoom(100名)、YouTube Live(定員なし)
URLは当日午前中にお送りします。正しいメールアドレスをご記入ください。
主催:日本電子出版協会(JEPA)
共催:電子書籍を考える出版社の会(eBP)