2024年6月18日 JEPA・eBP共催 村瀬拓男弁護士「著作権入門セミナー1」

2024.05.24

 著作権入門セミナーでは、まず著作権法の最新動向について解説していただいた後に、著作権の基礎について2回にわたって解説を行うという構成にして、現在の法改正の動きや最近の社会動向と合わせて著作権について理解できるようにしました。

 今年もWebセミナーという形で、6月18日(火)、6月25日(火)、7月2日(火)の3週連続で開催します。講師は、出版実務の経験豊富な村瀬拓男弁護士にお願いしました。

●第1回 「著作物の二次的利用と契約実務」

 近年、出版社が自社出版物の派生的利用に積極的に関与するケースが増加しています。外国語での翻訳出版や映像化などがその典型例ですが、これらは、出版された原著作物をベースとした「二次的著作物」を作り出しそれを運用していくものです。原著作物をそのまま出版物として流通させる出版契約と、二次的著作物に関する契約とがどのような関係にあるのか、また著作者、出版社は二次的著作物について、どのような点に注意しなければならないのかを、裁判例や近時の事件等に触れながら説明していきます。

講師:村瀬拓男弁護士(用賀法律事務所)

申し込みは https://www.kokuchpro.com/event/20240618/

◇開催概要
日時:2024年6月18日(火)16:00~17:30
料金:どなたも無料
会場:オンライン Zoom(100名)、YouTube Live(定員なし)
主催:日本電子出版協会(JEPA)
共催:電子書籍を考える出版社の会(eBP)