電子出版アワード2017 投票開始 ! ! どなたでも投票できます

2017.11.27

 一般社団法人 日本電子出版協会(会長:金原 俊(株式会社 医学書院 副社長)、所在地:東京都千代田区三崎町、ホームページ:http://www.jepa.or.jp、略称:JEPA)は、日本の電子出版の普及促進を目的とした「電子出版アワード」の一般投票を、本日(11月27日)スタートしました。投票は12月5日23:00に締め切り集計します。以下のサイトでジャンルごとの解説やリンクをご覧いただいた後、どなたでも投票できます。
http://www.jepa.or.jp/awardinfo/list2017/

今年の特徴は政府系のサイトが2作品入り、政府も様々な取り組みを始めたのと、複数社のコラボが10作品あり、出版系とIT企業の協業が増えた点です。

 個人は1票ですが、JEPA会員社は法人としてジャンルごとに20票投票でき、集計結果は12月19日に発表し、その場で大賞も選出されます。電子出版に関連する各メディアの編集長や記者の皆様に、ジャンルの決定、候補作品の選定とその解説をお願いしました。

デジタル・インフラ賞     6作品
スーパー・コンテンツ賞   10作品
エクセレント・サービス賞   9作品
チャレンジ・マインド賞    6作品
エキサイティング・ツール賞  6作品

 JEPA電子出版アワードは2007年に開始され、今年で11回目。広義の電子出版について、その技術や仕組みを投票で選出するものです。過去の受賞一覧はWikipediaにあります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/JEPAaward

 本件に関するお問い合わせは、日本電子出版協会 事務局 info@jepa.or.jp まで