キーパーソン・メッセージ

2020.11.01

リモートワークと著作権処理

ユニフォトプレスインターナショナル  太田 智徳

 緊急事態宣言が発令されてから6か月が過ぎました。皆様の生活、職場の様子、働き方、ビジネスの進め方など、いかが変化されましたでしょうか。今回は弊社のこの半年間のドタバタぶりと、その中で事業の一つである海外著作権処理業務の近況についてお話させて頂ければと思います。

 思い返せば2月、「ダイヤモンド・プリンセス号」関連のニュースが毎日報じられているなか、まだ社内有志で週末スキーに出かけるほど余裕もありましたが、下旬頃から外資系や大手企業が徐々にリモート体制に移行しているという話が出始め、今後の行方について段々不安になっていった記憶があります。

 実はその頃、直近に社内PC入れ替えでノートにするかデスクトップにするか迷ったあげくデスクトップを選択、また事務所が手狭になって来たのでフロアを増床する契約をしたばかりでした。このままの状況が進むと、弊社の選択はすべて裏目に出るかもしれない。しかもこれから繁忙期、海外著作権処理のピークの時期に差しかかります。

 3月になり、あっという間に学校一斉休校、欧米の美術館、博物館もどんどん閉鎖していきました。さすがに慌ててリモート対応用のノートPCを購入しようと思ったときには、案の定、流通在庫が品薄になっていました。いつもお願いしているベンダーさんに大変無理を言って中古も含めてかき集めていただき、どうにか突貫でリモート体制を取る準備を進めておりました。新規増床フロアに関しては、とりあえず手付かずです。

 さて、繁忙期である海外著作権処理業務ですが、権利元の欧米の美術館・博物館・大学・出版社がほぼクローズした為、3月、4月はあまり業務が進まないだろうと思っておりました。数年前に北米を寒波が襲ったときは、1か月くらい先方の業務が滞ったことを記憶しています。

 しかし、今回は違いました。弊社もそうですが、先方もリモート環境で業務を続けることが出来ているようで、普段は中々返事をくれない権利元スタッフも在宅の方が対応も早く、担当者間のやり取りは平常時よりもむしろスムーズであったようです。

2020.10.01

ある電子出版事業の追憶のために

三省堂  神藤 利章

 弊社のオンライン辞書検索サービス『三省堂 Web Dictionary』は、多くのご利用者の皆様から惜しまれつつも、2001年1月12日のサービス開始から20年目を迎えた今年の9月30日をもちましてサービスを終了した。サービス終了にあたり、企画構想の段階から本事業に携わってきた私にはしみじみと思うところはいろいろあったが、多くは語らないでいた。ただ、始まりの頃の出来事は結構華やかな印象として鮮明に残っているので、その辺りの話をすることとしたい。

 話はミレニアム・イヤーに遡る。すでに出版社以外の事業者によるWeb辞書検索の有料サービスがいくつも展開されていて、弊社もそちらに向けて辞書コンテンツを提供していたが、初めて出版社が立ちあげることになる本格的なサービスの企画構想についての検討を始めたのは桜の季節であった。初夏の頃には、要件概要についてSIerを担っていただくことになるイースト様と検討を重ね、要件定義を策定し、提示されていた見積もりにも合意でき、夏の終わりの頃から開発を始めた。

  • 電子出版アワード
  • 図書館館外貸出可否識別マーク