キーパーソン・メッセージ

2021.07.01

電子書籍からもオーディオブックからもはみ出すもののために

岩波書店 入谷芳孝

 1987年に『広辞苑 第三版CD-ROM版』を発売して以来、岩波書店は種々様々な内容の電子出版を試みてきました。今回はせっかくの機会を頂戴しましたので、いま、私たちが配信中の(そして配信準備中の)やや珍しい形態の電子書籍をご紹介させていただき、あわせて現在直面している問題も共有させていただきたいとおもいます。

 一つは「谷川俊太郎~これまでの詩・これからの詩~」(第1弾54巻は2016年10月27日に配信済み、第2弾4巻は2021年秋配信予定、https://tanemaki.iwanami.co.jp/posts/479)、もう一つは『自選 谷川俊太郎詩集 英訳・朗読付き』(2022年初春配信予定)です。前者はこの国民詩人の単行詩集(単行本の詩集として刊行されたもの。アンソロジーの類をのぞく)に収録されたすべての詩のみならず、そのほぼすべての英訳と、さらには詩人自身による朗読を収めた「谷川俊太郎全詩集」です。そして後者は、岩波文庫の一冊としてすでに配信されている『自選 谷川俊太郎詩集』に収録された173篇のすべてに、その英訳と谷川さんご自身による朗読を加えたベスト版です。両方とも、谷川ファンだけでなく国文学研究者にも極めて興味深い、貴重なアーカイブとしての役割を担う企画です。

 私は目下地道にこれらの編集作業にあたっているのですが、簡単には見過ごせない問題に直面することになりました。谷川先生のご自宅でそれなりの時間をかけて録音したこの貴重な音源を埋め込んだ電子書籍を取り扱える電子書籍ストアがじつは限られているという問題です(音声再生が可能な電子書籍ビューアが限られていると言ったほうが正確でしょうか?)。

2021.06.01

DX推進について

大日本印刷  吉岡 健治

 2018年10月、初めてJEPAニュース「キーパーソン・メッセージ」を書いてから2回目の順番が回ってきました。前回は、「デジタル化を振り返り」の題目で、2010年、3度目の電子書籍元年から……2015年からは、一段とデジタル化が加速、DX(デジタルトランスフォーメーション)も始まっている。ただし、2010年から始まったデジタル化は、『形が見えない』デジタル化であり、あまり実感が得られないが、IOT、インダストリー4.0など、電子出版としてどんな将来展開が待ち受けているのか?『形がない』デジタル化へ突入していくのかな?と思(重)いつつ、不安でもあり、楽しみでもあると締めくくっていました。今回は、その続きを思いつくままに書いて見ます。

 現在、正直言うと、『形が見えない』、『形がない』は当たり前と感じてしまっています。なんと言ってもコロナ禍の影響が大きく、意識が変化した気がします。また、DXは流行語、ダイバーシティ&インクルージョン、働き方変革も定着しつつあるように感じます。

  • 電子出版アワード
  • 図書館館外貸出可否識別マーク