キーパーソン・メッセージ

2019.12.02

「元年」から10年、電子書籍はまだちょっと残念なところもあるけれど

JTBパブリッシング  井野口 正之

 2019年も残すところあと1ヶ月。このところ言葉として聞く機会も少なくなってしまったけれど、「電子書籍元年」が2010年だったとすれば、今年、令和元年は電子書籍暦(?)10年だったのですね。

 元年から10年経って、これまで自分が購入してきた電子書籍が書店別にどんな割合になっているのかと、ふと思って、書店別の冊数を数えてみると、とりあえず上位10社でざっとこんな感じでした。

 合冊版を1タイトルに数えていたり、雑誌のサブスクリプションは含まなかったり等々あるので、あくまで大まかなイメージですが、上位3社でちょうど75%(まあ、想像していた通り「A社」はA社でしたが)。とはいえ、やはり結構バラけています。各書店それぞれのキャンペーンやクーポンなどの特典はもちろん、「このジャンル、この作家はこのアプリの書棚に揃えたい」的な好みや、見みたい本を見つけたタイミング、その場の勢い?等々の理由で、買う場所はどうしても複数にまたがってきます。

2019.11.01

CSS Writing Modes Level 3の勧告案が公開された

凸版印刷  田原 恭二

 10月24日、CSS Writing Modes Level 3の勧告案が公開された。11月22日までコメントを受け付けているので、みなさま是非ご覧になっていただきたい。

この場を借りて、グーグルの石井宏治さんやfantasaiをはじめとする一連のご尽力いただいた方々に、あらためて敬意を表したいと思う。

 CSS Writing Modes Level 3は、ぼくにはウェブで縦書きがサポートされたという以上にシンボリックなもののように思える。将来まちがいなく、あのときアレがあったから、今のコレがあるんだよね、という存在になるだろう。

 さまざまな言語固有の組版原則や表記法などから見れば、CSS Writing Modesも、まだまだ課題多しという状況だとは思うが、ぼくとしては、今後ますますウェブでのタイポグラフィへの関心と、その加速度的な発展に期待したい。

  • 電子出版アワード
  • 図書館館外貸出可否識別マーク