Readium

2015.11.18

Readiumとは

Readiumとは、WebkitをベースにしたEPUB3ビューワーを作る際の標準的なレンダリング機能と、アプリを開発するためのReadiumSDK(開発キット)。異なるEPUB3ビューワー間の表示差異をなくし、EPUB3の普及とオープンなデジタル出版プラットフォームを推進するために、IDPF(International Digital Publishing Forum)が開始したオープンソースの開発プロジェクトで、現在はReadium財団が主導。

もっと詳しく!

 
EPUB3仕様策定当時、早期にEPUB3を普及させるために、ビューワーベンダー各社によるレンダリングの表示や機能の差異をなくし、正しいEPUB3の表示結果を示すための見本ともいえる実装(レファレンス実装)が必要とされた。このため2013年、IDPFは非営利のReadiumプロジェクトを主導し、Google ChromeやSafariといったブラウザのレンダリングエンジンであるWebkitをベースとして、汎用的なビューワーの開発をスタートさせた。

2012年2月当時のプレスリリースによれば、このプロジェクトには、アクセス、Adobe、Barnes & Noble、Copia、Google、楽天Kobo、O’Reilly、Samsung、Sonyなどが参加した。日本からは上記の他、ボイジャー、達人出版会なども関わっている。

Readiumに積極的に取り組み、その成果をいち早く商用化したのがアクセスのPUBLUS Readerであり、このビューワーはブックウォーカーや楽天Koboが採用することで、日本におけるEPUB3普及のきっかけとなった。現在は14のベンダーが、Readium SDKを使用したアプリケーションを出荷している。

現在このReadiumプロジェクトを主導するReadium財団には、Hachette、Gallimard、Editis、Adobe、Google、Ingram/VitalSource、HMH、Deutsche Telekom、IBM、NYPL、Bokbasen、Bluefire,、TXTR、ACCESS、Sony、DAISY、Mantano、TXTR、Intel、Penguin Random House、Editiなど世界から50社以上が参加している。日本からは、アクセス、楽天Kobo、ソニー、イーストなどが参加している。

メリット

Readiumは、オープンソースプロジェクトとして開発されているため、成果物は誰もが無償で利用できるというメリットがある。また、プロジェクト参加者が成果をフィードバックすることで、日々改善されている。Readiumプロジェクトのメンバーになると、様々な技術情報を入手できることから、グローバルに展開する製品やサービスの迅速な開発が可能となり、個々のシステムや機構に対するR&Dや製造コストの削減といったメリットを得ることができる。

EPUB3コンテンツは、Google Chrome拡張のReadiumビューワーで正しく表示されればEPUB3準拠といえるため、レンダリング結果の標準的な検証環境として出版社や制作会社に利用されることも多い。電書協(日本電子書籍出版社協会)がまとめたEPUB3の制作ガイドラインである「電書協 EPUB 3 制作ガイド」(いわゆる電書協フォーマット)は、Readiumのレンダリング結果を参照して策定されており、EPUB3制作ガイドの一つとして広く利用されている。

Readiumの今後

2015年7月、IDPFのエグゼクティブ・ディレクターであり、Readium財団代表のBill McCoy氏が来日した際に、Readiumプロジェクトの今後の課題、目標として以下を上げている。

 まず直近の課題として、
サンプルとなるアプリ、LCP DRMの実装、適合性や連携性の改良などを含むReadium SDKのバージョンアップ

・Readium JSのクラウド対応
・Readium DRMのローンチ
・Readium SDK、Readium JSにおけるEDUPUB(デジタル教材向けのフォーマット)のサポート
・Readium JS、Readium SDKに対する拡張APIの追加

などが挙げられている。また、今後のプロジェクトとして、以下の目標が提示された。

・Readium SDKをベースとした、製品レベルのモバイルおよびデスクトップ・アプリケーション
・EPUB3制作のためのオーサリングツール
・Atomベースのカタログ配布フォーマットであるOPDS(Open Publication Distribution System)のサポート
・EPUBプリント・オンデマンドへの着手
・EPUBアクセシビリティ・チェッカーへの着手

さらに、IDPFとW3Cの長期ビジョンとして、EPUBとWebを統一する「EPUB Web」を掲げている。これは、ポータブルで、パッケージされた次世代のドキュメントフォーマットを目指すものである。具体的には、出版者による全てのWebデバイスへのアクセス、ユーザーのオンライン時に必要な分だけEPUBコンテンツを配信すること、オンラインとオフラインのシームレスな連携を実現することなどと説明されている。

[柳 明生/イースト株式会社/20151109]