キーパーソン・メッセージ

2018.07.02

白黒はっきりさせようじゃないか!

旺文社  生駒 大壱

 2018年4月の漫画村事件。私が事態を認識したときには、すでにサイトブロックがなされ閲覧できなくなっていた。なので私自身は、サイトを見たことがない。そこで何人かの漫画村ユーザーに聞いてみると、こちらが想定していなかったコメントが返ってきた。

 ある大学2年生のコメント「漫画村が違法とは知らなかった。見た目に怪しい感じがしなかったし、漫画家さんには何かしかの支払いがあるのかなと思っていました。」
  ・
  ・
  ・
 学校でのネットマナー教育や業界での啓蒙活動、そして真の意味での「クールジャパン」政策で、違法サイトを利用することがとんでもなくかっこ悪いことになる時代が近いうちに来る可能性はある。そのためには、漫画家さんが尊敬され愛されている様に、電子書店も出版社もユーザーに守ってあげようと思うような愛されキャラになる必要があると思う。愛されキャラを傷つける行為は誰もしたくないのだから。

2018.05.27

きっと死ぬ頃には……長谷川秀記的デジタル考

自由国民社  森 誠一郎

 予測では、自分が「死ぬ頃」には紙の本より電子の方が圧倒的に優勢になる。これだけは断言しておくよ。
 そう力説したのはあの長谷川さんである。ある種の持論というか願掛けにも聞こえたものである。あれから30年以上たった昨年6月、なぜか突然逝かれてしまった。長谷川予測の紙と電子の天秤は「優勢」というのがどうにも主観的にならざるを得ないのだが、駆逐とかアルティメットクラッシュといったことばを使わなかったところはよしとしておこう。電子好きを標榜しながら、紙の本への偏愛も結果的には捨て切れられずにいたところはいつも嘘をついて誤魔化していたところがあったがゆえに。

 そんな長谷川さんの一周忌を過ぎたころ、三瓶さんから「原稿の順番来ましたよ」とメール連絡。どこぞにいるのか知らないが、「……おれのことを書けっていうことでしょ。三瓶さんがせっかく仕込んでくれたんだから」という声を聞いたような聞かなかったような。
  ・
  ・
  ・

  • 電子出版アワード
  • 図書館館外貸出可否識別マーク