キーパーソン・メッセージ

2019.01.07

QRコード / AR→VR→MR→?

NHK出版  小関 基宏

◆私たちが目指したもの
NHK出版では、放送テキストの電子化を進めるなかで、利用者が紙版(アナログ)から電子版(デジタル)へとスムーズに移行できるためには、電子ならではの利便性を体験することが欠かせないだろうと、その手段を模索していました。それが今から5年ほど前になります。
 ・
 ・
そこで、あまり知られてはいませんでしたが、AR(オーグメンテッド・リアリティ)の技術に目を付けました。これは現実の世界にさまざまな情報を重ね合わせることで現実世界を拡張するというものです。現実世界を「誌面」に、付加情報を「音声・映像」と考えると十分に使えそうですし、かざすとすぐにコンテンツが再生できて、さらにURLも見えないので、盗用問題も解決するということになったのです。

◆試行の第1号は人体アプリ「AR脳カメラ」
まず取り組んだのが、NHKスペシャル『人体ミクロの大冒険』の書籍化にあたり、プロモーションのためのスマートフォン(スマホ)用アプリの制作でした。AR機能として、書籍内のいくつかのCG画像にカメラをかざすと、番組内で使われた高精細な人体CG動画を視聴できたり、脳カメラと称して、自分の頭を横から撮影した画像にさまざまな動物の脳を実際の比率で重ね合わせて、脳の大きさを比べたりといった仕掛けを盛り込みました。

その後、・・・

◆VRとMR、そしてその先
 ・
 ・
◆続けることで見えてきたこと
 ・
 ・
◆その先に進んでも変わらないもの
ARに始まり、VR、MRと進化し続け、これからも魅力的な体験が登場することでしょう。しかし、どんなに進化しても変わらないものがあります。それは情報です。ここでいう情報とは、そこにあるものの背景となるさまざまな知識や内容のことです。たしかに「百聞は一見にしかず」で目にするだけでも多くのことを得ることができます。しかし、「なぜそこにあるのか」「なぜそうなっているのか」という探求心は尽きることがありません。VRやMRで見たものにそれらの情報が加わることで、体験はさらに深化したものになります。今のうちから衣食住、趣味教養、娯楽に関わるさまざまな情報を収集作成し、蓄積し更新し管理することで、100年後の未来でも価値のあるコンテンツ、すなわち未来に通用するビジネスの種をもつことになるのではないでしょうか。

2018.12.10

体験的ライツビジネス奮戦記

岩波書店  馬場 公彦

1 黎明の章
 岩波書店と電子出版の縁は深い。CD-ROM版の電子広辞苑がソニー・富士通・大日本印刷との共同開発によって富士通製ワープロ用に発売されたのが1986年だった。昨年(2017年)刊行された社史『岩波書店百年』には、「本格的辞書の電子出版のトップランナーとしての地位を固めた」(871頁)と記されている。その年にJEPAは旗揚げされた。社内では部局から独立した形で「ニューメディア研究室」というのが立ち上げられていた。

2 停滞の章

3 転機の章

4 苦悩の章

5 再編の章

6 飛躍(に向けて)の章
 変化しているのは出版業界だけではない。学術界も教育界も大きな変化のさなかにある。クリエイティブコモンズが世界的潮流になっているいま、法的根拠となる著作権法の理念と運用も変わりつつある。変化はめまぐるしい。1年後にはまた違う風景が視界に広がっているかもしれない。かといって静観を決めこめばビジネスチャンスを逸する。老舗企業にありがちな前例踏襲という計策は最適解への道を閉ざす。この変化へのアクションプランを策定する際に、5つの方向性を定めるよう肝に銘じている。デジタル化、新規事業への参入、異業種他社との協業、同業他社との有志連合、グローバルなライツビジネスの展開。とくに拡大する中国市場を見逃してはいけない。彼らの巨大な脳髄の胃袋は、コンテンツに渇している。とりわけ日本のコンテンツを貪欲に摂取している。そのことは、目下の対外版権ビジネスの実績が実証している。

 これまで変化ばかりを強調してきた。だが、日本の近代出版150年の歴史を経ても変えてはならないことがある。それは出版物を創造し続け、また既刊書を内容・データ両面で更新していくコンテンツメーカーとしてのたゆまぬ営為である。私は出版人としての矜持を失わないために、絶えず自問していたい。お前は自社出版物を知っているか? 既刊書を在庫圧力としてしか見てはいないか? 出版物を知財としてとらえているか? 知財をシェアする信頼関係を著者と築いているか? お前に市場の声は届いているか? 

  • 電子出版アワード
  • 図書館館外貸出可否識別マーク