キーパーソン・メッセージ

2019.05.09

本屋が電子書籍について考えること

紀伊國屋書店  斧田 壮介

 私が紀伊國屋書店に入社したのは1981年(昭和56年)ですから、既に40年近い歳月が流れています。どうにか大学を卒業したものの、ロシア文学などという就職とまったく無縁の学科の専攻だったこともあり、まともな就職活動もせずに(できずに?)ぶらぶらとその日暮らしをしていた3月のある日のことです。たまたま見ていた朝日新聞の求人欄に「書店員求む!委細面談」の3×5㎝くらいの小さな求人広告を発見して、「本屋なら本も好きなだけ読めそうだし、働いてみるのも悪くないかな」というような、極めて安易な気持ちで応募してみました。簡単な筆記試験と数度の面接はあったものの、どういう訳か即採用ということになり、その年の4月から新宿本店の店頭での勤務を始めたのでした。そんな入社の事情だったこともあり、今でも会社に就職したというよりも、会社にどうにか拾って貰ったという感覚が強くあります。

 以来約40年、海外勤務の10年も含め各地を転々としましたが、ごく僅かな期間を除けば、私は基本的に書店の店頭で働いてきました。紙の本を売ることでずっとメシを食って来たと言えます。生来堪え性のない私が同じ会社で40年間働き続けてこられたのは、やはり本屋という仕事にそれなりの楽しさとやりがいを見出せたからだと思っています。本屋で働いているうちにいつのまにか抱くようになった「たかが本屋、されど本屋の気概を持って働こう」という気持ちは、今でもまだ私の胸の奥に残っています。

 さて、そんな紙の本の世界にどっぷり浸かっていた私が、1年程前に突然電子書籍の関連部署の担当責任者ということになりました。これはまったく予想外のことで、電子書籍についてはほとんど門外漢、右も左も分からない知識ゼロ状態からの出発でした。そこで、まずは「習うより慣れよ!」ということで、その日から当面は紙の本を読むことを止めて、それまでほとんど経験の無かった電子書籍での読書に全面的に切り替えることにしました。ともかく自分で徹底的に使ってみることで、電子書籍の良さも問題点も明確に見えてくるのではないかと思ったからです。

2019.04.08

これを知っていたら私は癌にならなかった。誰でも簡単にできる「スピード体温計」による低体温チェック

インプレスR&D  井芹 昌信

■癌、発覚

 実は、昨年8月に癌が発覚し、9月、10月と2回の手術を受けました。それまで怪我も含めて、入院も手術もしたことがなく病院にはほとんどお世話になったことがなかったのですが、還暦を過ぎたと思ったとたんに悪い意味での初体験のオンパレードとなってしまいました。

 こういう出版の仕事をしているので体に無頓着だったのではと思われるかも知れませんが、人さまに比べて健康を軽視してきたわけではないと思うのです。年に1回の定期健康診断は欠かさずやっていましたし、運動も回数は少ないながらも武道を続けていたのですが…。

 病名は大腸癌でした。2年前に定期健康診断でアラートがあり内視鏡検査をやっていたのですが、その時はいくつかのポリープが見つかり切除してもらいましたが、ほかに異常は見つかりませんでした。つまり、長くてもこの2年間で癌ができてしまったことになります。それも転移までしていたというスピードでです。最近の「二人に一人は癌にかかる時代」というフレーズで言えば、二分の一の確率に入ってしまっただけとも言えそうですが、この統計は終身での値であり60歳で見れば十人に一人以下の確率だそうで、やはり不運と言えそうです。

■誰も教えてくれなかった、体温低下の危険性

 話が長くなってしまいましたが、今回お伝えしたいのは、私の体験で知った癌にならないようにするいい予防法についてです。

 今回、自分が病気になったことでいろいろ勉強しました。Webを検索し、30冊くらいの本を読み、知人からアドバイスをもらい、経験者や病院関係者からも貴重な経験談を聞かせていただきました。その中で、健康についてとても大事なことがあるのを知りました。それは、体温が下がるとよくないということです。体温が下がると体全体の免疫力が弱まり、逆に癌細胞は元気になってしまうそうです。人間の体温は36.5度くらいが平均の平熱ですが、もしそれが35度台になっていたら要注意ということです。

 私は、病気にかかる前までは風邪のときくらいしか体温を測ることはなかったので、自分の平熱が何度かなど気にしたことはありませんでした。でもいま思えば、体温が下がっていたという記憶があります。たとえば、いつもはよほどの寒さじゃなきゃコートを着なかったのに去年の冬はコートを着ていたし、手足が寒いと思ったことはなかったのに何となく手足や首筋が冷えるのを感じるようになっていました。おそらく、そのときはもう低体温になっていたのだと思います。

 もし体温低下が癌を育ててしまうことを知っていれば、私は癌にならなかったと思うのです。もしそのことを知っていたら、腸の不調(実は自覚症状があった)を見過ごさずにもっと早くに病院に行き、早期発見ができたと思うのです。どうしてこれまで、そんな大事なことを誰も教えてくれなかったのか、もっと大々的に言ってくれればよかったのにと恨めしくなります。私だけ知らなかったのかと思い、まわりの人に聞いてみたら、やはりほとんどの人が知らない状況でした。それで、この場を借りてのご報告というわけです。

  • 電子出版アワード
  • 図書館館外貸出可否識別マーク