キーパーソン・メッセージ

2018.12.10

体験的ライツビジネス奮戦記

岩波書店 馬場公彦

1 黎明の章
 岩波書店と電子出版の縁は深い。CD-ROM版の電子広辞苑がソニー・富士通・大日本印刷との共同開発によって富士通製ワープロ用に発売されたのが1986年だった。昨年(2017年)刊行された社史『岩波書店百年』には、「本格的辞書の電子出版のトップランナーとしての地位を固めた」(871頁)と記されている。その年にJEPAは旗揚げされた。社内では部局から独立した形で「ニューメディア研究室」というのが立ち上げられていた。

2 停滞の章

3 転機の章

4 苦悩の章

5 再編の章

6 飛躍(に向けて)の章
 変化しているのは出版業界だけではない。学術界も教育界も大きな変化のさなかにある。クリエイティブコモンズが世界的潮流になっているいま、法的根拠となる著作権法の理念と運用も変わりつつある。変化はめまぐるしい。1年後にはまた違う風景が視界に広がっているかもしれない。かといって静観を決めこめばビジネスチャンスを逸する。老舗企業にありがちな前例踏襲という計策は最適解への道を閉ざす。この変化へのアクションプランを策定する際に、5つの方向性を定めるよう肝に銘じている。デジタル化、新規事業への参入、異業種他社との協業、同業他社との有志連合、グローバルなライツビジネスの展開。とくに拡大する中国市場を見逃してはいけない。彼らの巨大な脳髄の胃袋は、コンテンツに渇している。とりわけ日本のコンテンツを貪欲に摂取している。そのことは、目下の対外版権ビジネスの実績が実証している。

 これまで変化ばかりを強調してきた。だが、日本の近代出版150年の歴史を経ても変えてはならないことがある。それは出版物を創造し続け、また既刊書を内容・データ両面で更新していくコンテンツメーカーとしてのたゆまぬ営為である。私は出版人としての矜持を失わないために、絶えず自問していたい。お前は自社出版物を知っているか? 既刊書を在庫圧力としてしか見てはいないか? 出版物を知財としてとらえているか? 知財をシェアする信頼関係を著者と築いているか? お前に市場の声は届いているか? 

2018.10.31

デジタル化を振り返り

大日本印刷  吉岡 健治

理事となって、初めて、JEPAニュース「キーパーソン・メッセージ」の番になりましたとのご連絡頂いた。「何、それと思いつつ」、これまでのメッセージを閲覧しました。テーマは、特に決まっていないようで、また、ネタも思いつかないので、2010年以降、身の回りで起きたデジタル化の出来事を回想して見ました。

1.2010年電子書籍元年(3回目)
と言われて久しいが、電子書籍制作の業務が本格化しそうなので、電子書籍制作の製造体制を構築して欲しいと、現部署に異動となりました。しかし、最初の仕事は、「国立国会図書館(以下NDL)の大規模デジタル化」の仕事であり、準備期間が短く大変であったが、
 ・
 ・
2.緊デジ
NDLと電子書籍制作の製造体制構築の経験、及びNDLで使用した什器、パソコンなどがほとんど流用できたことで、仙台の工場担当者と協力して準備することができました。電子書籍の種類は、フィックス型とリフロー型があります。一部の商品において、底本からOCRによるTEXT起こしの認識精度が悪く、文字チェツク及び修正作業を私も含め数十名で動員もすることになった時期がありました。
 ・
 ・
3.あまり知られていないが、2014年4月~2017年12月14日まで主婦の友社(株)はDNPグループの一員であった。その間は、新しいビジネスの創出を行うべくプロジェクトを両社で取組みました。詳細は割愛しますが、その一つとしてWebメディアの立上げに関わることができました。その時の知見を活かして、現在のWeb関連の開発業務もこなせる様になりました。

最近、つくづく思うことは、2015年から一段とデジタル化が加速している(Webメディアへのシフト、インターネット広告の急激な伸び、AdTech、SNSなど)。デジタルトランスフォーメーションと言う言葉もでてきています。それに伴い、雑誌は厳しい状況になってきています。さらに、2017年後半からコミックの低迷も始まり、海賊サイト問題と、デジタル化の向かう方向が見えないことです。

4.AIも何かソリューションにならないか?も検討している
 ・
 ・
何か脈絡の無い話になってしまいましたが、私は、入社後、出版関連の部門に配属された時には、まだ、ライトテーブル中心のレタッチ作業が全盛でした。その後、CEPS(文字と画像の同時処理システム)から始まり、DTP、CTP(コンピュータtoプレート)、CMS(カラーマネージメントシステム)とデジタル化は、やっても、やっても、また、やって来る印象でしたが、『形が見える』デジタル化でした。
しかしながら、2010年から始まったデジタル化は、『形が見えない』デジタル化であり、あまり実感が得られない業務との戦いでした。そうは言っても、まだ、9年程度しか経っていませんが、実に濃い内容でした。
今後、IOT、インダストリー4.0など、電子出版としてどんな将来展開が待ち受けているのか?『形がない』デジタル化へ突入していくのかな?と思(重)いつつ、不安でもあり、楽しみでもあると締めくくっておきます。

  • 電子出版アワード
  • 図書館館外貸出可否識別マーク