キーパーソン・メッセージ

2017.02.06

「デジタル教科書」の憂鬱

光村図書出版  黒川 弘一

 SF作家であるアイザック・アシモフの「過去カラ来タ未来」(FUTURE DAYS)という本をご存じだろうか。1900年のフランス万博で配布予定だったシガレット・カードを紹介したもので、100年後の2000年の生活を想像して描いたイラストなのだが、この内容が実におもしろい。残念ながら、カードが配布される前に、製作に関与した玩具会社が廃業に追い込まれたため、一組のカードだけが残ったのだという。

 自動理髪機。空飛ぶ郵便配達員(電子メール?)。自動掃除機(ルンバ!)。農作物収穫システム。自動演奏オーケストラなど、形を変えて実現しているものもあり、眺めているだけで楽しい。その中で気になるのは学校の授業風景だ。一斉授業の中、教師は教科書をミンサー(挽肉器)のような機械に入れ、そこからつながった電線が子供たちのヘルメット状のヘッドセットにつながっている。紙の文字情報が電気信号や音声に変換されて頭に注入され、集中している最中なのか、全員が無表情だ。中には何やら苦痛の表情を浮かべているような子供もいる。

https://publicdomainreview.org/collections/france-in-the-year-2000-1899-1910/

 この風景は、ジャン・マルク・コテという名も無きイラストレーターの100年後の未来への夢想というだけではなく、風刺の意味も込めて教育の現実を表象化したものなのかもしれない。アシモフは「教師より機械の声が響くとき…」というタイトルをつけているが、自分にとっては、教育とデジタルのより豊かな関係を考えるとき、いつもこのイラストが妙に気になってしまう。

 さて、現代に話を戻すと、文部科学省では、新しい学習指導要領がスタートする2020年度の小学校から、「デジタル教科書」が正式に授業で活用できるようになることが検討されている。今後はどのように具現化させていくのかが問われるが、これまで公教育を支えてきた中核的なメディアである紙の教科書に、「デジタル化」という制度変更が加えられることは、想像以上に大きなことなのだ。

・・・・・・・・・・

 再び、ジャン・マルク・コテのイラストを眺めてみると、やっぱり子供たちの表情が気になる。自分自身で100年後の授業風景を描いてみたらどうだろう。その表情はどんなものだろうか。「デジタル教科書」の憂鬱は当分続きそうだ。

2017.01.10

アナログとデジタル

凸版印刷  田原 恭二

 会社に入ってちょうど十年ぐらい経った三十代前半のころ、日本語をもっと深く味わいたいと落語を聴くようになった。そのころはいわゆる“大人買い”をするだけの経済的な余裕はなく、当時生協で扱っていた六代目圓生の落語のCDを、毎月の天引きで少しずつ買い集め、コツコツと全巻を揃えた。CDで100枚以上にもおよぶこの圓生百席は、いまでも手元にあり大事にしているが、私にとって圧巻であり、昭和の名人の呼吸やぴりりと張り詰めた空気さえ感じとることができる、いまも聴くとゾクゾクする宝物だ。

 鳥よ鳥よ鳥たちよ♪ 2017年が明けて初詣帰りのラジオでは、杉田かおるさんの懐かしい唄が流れている。興味深いことに、近ごろまたAMラジオやレコード、カセットテープといったメディアが再評価され、ファンがじわじわ増えているようだ。これらは、情報技術を活用した利便性や合理性の発展とは別に、人間性の満足度が新たな価値として求められていく現れではないかと思う。もっとも最近のラジオなどはさらに進んでいて、インターネットからでも聴けるようになり、昔でいう“ハガキ職人”などに変わって、SNSと連携した番組とリスナーとの即時的なコミュニケーションなども取り入れられていて面白い。思うにこれからのコンテンツサービスは、圓生師匠のような臨場感溢れる名人芸やさまざまな作品が、染み入るように味わえる技術が求められるのではないだろうか。

  • 電子出版アワード
  • 図書館館外貸出可否識別マーク