キーパーソン・メッセージ

2018.08.06

IGASにみる印刷のデジタル化について

共同印刷  長田 良幸

先日、ある社員教育会社が主催する、部長級の管理職セミナーに参加しました。変化する市場に対応できる、企業変革を担うビジネスリーダーのための教育と銘打った連続研修で、そのセミナーにはメーカーを始め金融・運輸・流通・建設など多様な企業の管理職が30人程集まっていました。
その際「マーケティング戦略」と題して、講師が次のような質問をしました、「みなさんの中で、宅配の新聞を購読している方はいらっしゃいますか?」。部長級の研修ですから年齢は40代以上と思われるメンバーの中で、購読している人はほんの数名でした。しかもその少ない中のお一人は、「うちのカミさんが『●●新聞』の社員なんで…。」。

有料の連続研修に参加するようなモチベーションの高いビジネスパーソンでさえ(だからこそ?)、全国新聞を購読している人は全体の1割にしか過ぎないのです。「デジタル新聞」が普及し、ニュースの受け取り方が多様化していることを良く表していました。
  ・
  ・
  ・
「IGAS2018」(国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展)は、6日間で約55,800人の来場者を集めました。総来場者数は3年前に開かれた時とほぼ同じでしたが、今回は特に海外からの来場者が5,000人と増加しており、実際に見学した時も、見学ツアーなどグループで視察している海外来場者を多く見かけました。
オフセット印刷機が自動化・標準化のためにデジタル機能を搭載しているのは従来と変わりませんが、今回は「オフセット印刷に代わるデジタル印刷」がより大きく打ち出された展示会でした。
  ・
  ・
  ・
生産工程も含めた印刷のデジタル化という現在の印刷を取り巻く状況を注視し、変革のために大胆に踏み出す必要性を痛感しております。

2018.07.02

白黒はっきりさせようじゃないか!

旺文社  生駒 大壱

 2018年4月の漫画村事件。私が事態を認識したときには、すでにサイトブロックがなされ閲覧できなくなっていた。なので私自身は、サイトを見たことがない。そこで何人かの漫画村ユーザーに聞いてみると、こちらが想定していなかったコメントが返ってきた。

 ある大学2年生のコメント「漫画村が違法とは知らなかった。見た目に怪しい感じがしなかったし、漫画家さんには何かしかの支払いがあるのかなと思っていました。」
  ・
  ・
  ・
 学校でのネットマナー教育や業界での啓蒙活動、そして真の意味での「クールジャパン」政策で、違法サイトを利用することがとんでもなくかっこ悪いことになる時代が近いうちに来る可能性はある。そのためには、漫画家さんが尊敬され愛されている様に、電子書店も出版社もユーザーに守ってあげようと思うような愛されキャラになる必要があると思う。愛されキャラを傷つける行為は誰もしたくないのだから。

  • 電子出版アワード
  • 図書館館外貸出可否識別マーク