JEPAセミナー

JEPAセミナー情報

2017年4月12日 著作権許諾取得と利用料計算の代行システム

~電子書籍を増やすための二つのネックの解消法~ 昨年、有斐閣常務を退任され、マイクロコンテンツ社を起業された鈴木道典氏に、著作権利用に関する保証制度を含む著作権許諾取得代行業と利用料計算代行システムについて解説していただ……

2017年4月14日 30周年記念:鈴木雄介氏「私の電子出版」

元、日本電子出版協会(JEPA)副会長で、イーブック イニシアティブ ジャパンを創業され、昨年、JEPA電子出版アワード「30周年特別賞」を受賞された鈴木雄介氏に、電子出版の歩みを語っていただきます。  申込は:http……

JEPAセミナー報告

2017年3月17日 JLREQの今日と明日、そしてCSS日本語組版

W3C日本語組版の要件(JLREQ)が登場は、これまで内弁慶であった日本語組版を大きく変えました。今や、英語を含むさまざまの言語についてWebへの組版要求をまとめるには、JLREQにならって要件文書を書くことがW3Cでは……

2017年3月15日 30周年記念:Google Books裁判の総括と日本のナショナルアーカイブ戦略

『Google Books裁判の総括と日本のナショナルアーカイブ戦略』 米国Google に知の独占を許して良いのか ! 世界のありようは地政学的支配から情報学的支配に移行する。 日本の芸術・文化、科学・技術、歴史認識、……

2017年2月24日 日本電子出版協会総会&新入会社紹介

日 時  平成29年 2月24日(金)  18:00~ 場 所  日本教育会館 9階 平安の間 イベント、懇親会は、JEPA会員社の社員や、入会を検討されている社など、JEPAの活動に興味を持たれて方なら、どなたでも無料……

2017年2月23日 教育ICT:イギリス最新動向 2017

日本教育情報化振興会 (JAPET&CEC) の海外調査部会では、昨年度のアメリカ合衆国の訪問調査に続き、今年度はイングランドを対象として、教育におけるテクノロジー活用の状況を調査しています。 イングランドの公教……

2017年1月20日 2016年の電子出版関連ニュース振り返りと、2017年の動向予測

日時:2017年1月20日(金) 15:00-17:30(14:30受付開始) 料金:JEPA会員社:無料、非会員社:3000円 会場:竹橋・(株)メディアドゥ・セミナールーム(毎日新聞社 パレスサイドビル5階) 参加:……

2016年12月21日 パネル討論「今年の電子出版トレンド」

 業界を代表する方々に、電子出版トレンドを熱く語って頂きました。 ・落合 早苗 氏  O2O Book Biz  【⇒配布資料】・中島 由弘 氏  フリーランスエディター 【⇒配布資料】・高瀬 拓史 氏  イースト株式会……

2016年12月19日 学術情報の国際流通における過去、現在、未来

研究者が科学情報を発信し、得る手法は数十年前と現在では様変わりしています。インターネットの登場により、大量の情報が短時間に得られるようにもなりました。そして今後の数十年には更に大きな変化を遂げるでしょう。 その創世記から……

2016年12月6日 国立国会図書館の役割と電子書籍・電子雑誌収集実証実験

国立国会図書館は、電子書籍・電子雑誌などについても資料を収集・保存しています。当面は、無償かつ技術的制限手段のないものに限定していますが、昨年末より出版社などが有償で発行しているオンライン資料の国立国会図書館への納本、保……

2016年12月2日 pixivとユーザー投稿型SNSの現在

ユーザーの小説やイラストなどが共有されるSNSは、書き手・描き手を求める出版社にとっても非常に注目すべき存在となっています。今春放映されたドラマ「重版出来」では、編集者がこうしたSNSからマンガの描き手を探すエピソードが……

2016年11月22日 九州大学教育ビッグデータプロジェクトと電子書籍の役割

情報通信技術の進歩とグローバル化によって、大学など高等教育・学術研究機関が大きく変ろうしています。九州大学ではいち早く大学主導で教育の情報化に着手、デジタル教材を共有し、閲覧履歴やe-Learningシステムなどの様々な……