2020年6月30日 中国の出版・教育事情――進むデジタル化とオンライン化

2020.06.29

中国の出版と教育の最新動向について、HON.jpニュースブログの著者でもある、北京大学の馬場先生よりお話を伺います。 講演資料⇒  中国の出版・教育事情

講演映像⇒ https://www.youtube.com/watch?v=iIqLZLiOi-o

1 中国はコロナとどう戦ったのか
   ・関連の出版物
   ・日本との比較
2 出版市場の概況 (↑ 映像 22:00~)
   ・2019年の実績と動向
   ・コロナの影響
3 北京大学のオンライン授業 (↑ 映像 38:00~)
   ・実施方針とソフト
   ・実際の授業

■講師 馬場公彦 氏
 北京大学外国語学院外籍専家。出版社で35年働き、定年退職の後、第2の人生を中国で送る。出版社では雑誌と書籍の編集に携わり、最後の5年間は電子出版や翻訳出版を初めとするライツビジネスの部局を立ち上げ部長を務めた。勤務の傍ら、大学院に入り、国際関係学を修め、戦後の日中関係について研究した。北京大学では学部生・大学院生を対象に日本語や日本学の講義をしている。

◇開催概要
日時:2020年6月30日(火) 16:00-17:30 終了後、講師との交流会(30分程度)
料金:無料
会場:オンライン ZoomまたはYoutube Live
主催:日本電子出版協会(JEPA)
協力:HON.jpニュースブログ